商業用の型と印鑑の原理

イメージ画像

いろいろな製品をつくる際に、機械にはめるような型をつかって大量生産をしたりするようなことがありますよね。 型があるからこそ大量生産ができるわけですから、その型というものは、念入りに作っておく必要があります。 途中で壊れたりしたら大変ですし、使っているうちに形が変わってしまったら、型の意味がありませんからね。 この考え方は、印鑑の原理と似ていると思います。

印鑑の本体は、ここでいうところの型であり、押した印が製品なわけです。 印鑑がしっかりしているなら、何度押しても印が合わないといった様な事も無いですからね。 実印は後々照合したりするようなこともありますから、少しの変化だって許されるものではないのです。 これは印刷物にもいえることです。

大量印刷する前に、まずは版をつくってそれを元に印刷をしていくわけです。 そのため、版に間違えがあれば、大変なことになってしまいますからね。

印刷物において、誤字脱字などを念入りにチェックすることは高価な版に間違いが起きないようにするためともいえます。 印鑑ももし、文字が間違っていたら、その印鑑そのものが使えなくなってしまいます。

誰か別の人が使える可能性もありますが、それを探すことはなかなか難しいことでしょう。 こう考えると、基本となる型というものはとても重要なものだといえます。 そのため、型にしっかりとお金をかけることがのちのち出来上がる製品…印をしっかりとしたものにするためには大切なことともいえますね。

このページの先頭へ